ハローワーク

ハローワークに毎日通うことのデメリット3つ

更新日:

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

前回はハローワークに通うことのメリットをご紹介しました!

(前回記事:ハローワークに毎日通う3つの意味とは?

確かにハローワークに毎日通うことのメリットも大きいですが、実はその際に注意しなければならないこともあるのです…!

今回はそのハローワークに毎日通うことのデメリットをご紹介していきます。




 

ハローワークに毎日通うことのデメリットとは?

先程の通りハローワークに毎日通うことにもデメリットがあります。

そのデメリットを3つに分けてご紹介していきたいと思います!

 

1.「やってる感」で満足してしまう

毎日ハローワークに通っていることによって、だんだん通うだけで満足する心が芽生えてしまうことがあります。

転職活動はもちろん転職することがゴールな訳ですが、その転職活動をしているだけで、なんだか前に進んでいる気がしてしまう訳ですね…!

これはなかなか次の仕事が決まらない人に起こりがちな現象みたいですが、なかなか仕事が決まらない場合はハローワーク以外の手段も検討するなど、手を広げて転職活動をする方がいいかもしれません。

 

2.転職活動に対しネガティブになる可能性がある

これは場所に寄りきりなのですが、ハローワークでも暗い雰囲気の場所には注意した方がいいです。

暗い雰囲気かつ職員も高圧的だったりしたら最悪ですね…!

そのようなところに通い続けていたら、転職活動がとても辛いものに感じてきて、働くことの意欲すら薄れていってしまいます。

もし毎日ハローワークに通っていて辛さを感じてきたら、少し遠くても別のハローワークに行ってみるか、違うサービスを活用することをオススメします。

 

3.理想が高くなってくる

よく婚活パーティーの特番などで、「30代以上の女性ほど理想が高い」みたいな内容が伝えられていますね。

もちろん全ての30代女性が理想が高い訳ではありませんが、仕事も結婚相手も優良物件をたくさん見すぎると、やはりどんどん理想も高くなってしまうようです(笑)

求人を見る時に注意しておくべきことは、自分の市場価値を理解しておくことが大事で、自分が大体どれくらいの企業ならいけるかを大まかに理解しておく方が、余計な理想を抱かずに済む方法です。

もし理想が高くなっていると感じ、自分ではどうしようもできそうになかったら、ハローワーク職員や転職エージェントなどに相談することをオススメします。

 

ハローワークに毎日通うことにもデメリットはある!

今回はハローワークに毎日通うことのデメリットをご紹介しましたが、如何でしたでしょうか!

前回記事ではハローワークに毎日通うことのメリットをご紹介し、基本的にハローワークには毎日通った方がいいのですが、このようなデメリットもあるということを理解しておくといいかもしれません。

なのでメリットもデメリットも両方理解した上で、ハローワークを有効に活用し素敵な転職先を見つけてくださいね!

◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-ハローワーク

Copyright© 現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意! , 2017 All Rights Reserved.