面接・面談

【転職】応募基準の低い求人は、本当に内定がもらいやすいのか

投稿日:

転職サイトで色々な求人を見ていると、その中に

未経験歓迎!
必要なのはやる気だけ
とりあえず遊びに来てください♪

みたいな求人を見かけることがあると思います。

そのような求人はとにかくハードルが低く設定されているので、
応募もしやすく内定ももらいやすい印象を受けることが多いです。

しかし応募のハードルが低い求人というのは、
本当に内定がもらいやすいのでしょうか?

実際の求人応募数などの実情から、感じたことを書いていきます。




 

応募の基準が低い企業=人材に困っている?

応募の基準が低い求人を見かけると、
まず思い浮かぶのが「人材不足」とか
採用に困っている」という印象だと思います。

もちろん人材が来ないから基準を低くしている企業もありますが、
実際は必ずしもそうとは限らないようです。

とある企業の例でみてみますと、
最初は意識が高くて優秀な人材を採用しようと、
応募の基準を高めに設定した求人広告を出しました。

しかし採用がうまくいかず応募の基準を下げてみたところ、
優秀な人材からたくさん応募があったのです…。

ですのでそのことがわかっている企業は、
あえて基準を低く設定することで応募の母数を稼ぎ、
多くの(優秀な)人材の中からふるいにかけています。

ですのでこのことを鑑みると、
基準の低い求人は実は競争率が激しく、
裏では求められる基準は高い可能性もあると考えられますね。

 

応募基準の低い企業は、条件面を見れば採用状況がわかる

しかし当然応募基準の低い求人全てに、
たくさんの応募が集まっているわけではありません。

応募がたくさん来ているかを把握するには、
その求人の条件面を見てみると何となくわかります。

まず応募がたくさん来ている求人は、
福利厚生がとても充実しています。

土日祝休みというのは当たり前で、
その他の特別手当などが充実していたり、
社内独自のユニークな福利厚生が多く見受けられます。
余談ですが一番人気の福利厚生は、住宅手当や家賃補助だそうです

更には急成長中のベンチャー企業で、
年齢層も若めであることも多いようですね。

若い力が集まっている企業には、
若く成長意欲の高い人材が多く集まってくるみたいです。

 

ただ応募基準が低いだけの企業の場合は…

逆にこれらの福利厚生や手当などがなく、
ただ応募基準が低いだけの企業の場合は、
定着率の低いブラック企業の可能性が考えられます。

こういった企業は内定をもらえる確率は高いでしょうが、
その後続けられる会社かどうかは疑問ですし、
続けられない人が多いからこそ求人の敷居を低くし、
たくさんの人を集めている可能性も考えられます。

いずれにしても応募基準が低めに設定されている求人は、
事前にしっかり調査しておく必要があるかもしれませんね…!

 

応募基準が低い求人=競争率が高い可能性が高い

いろいろ書きましたが、応募の基準が低めに設定されいる求人には、
優秀な人も含めて多くの求職者が応募をするため、
むしろ競争率が高く内定がもらいにくい可能性が高いです。

ですので「とりあえず転職!」と基準の低い求人にばかり応募し、
ことごとく落とされてしまっている方がいらっしゃったら、
恐らく今回の記事に書いたようなことが原因かと思われます。

むしろ基準が高めの求人の方が競争率は低いので、
そういった企業の方がむしろ狙い目かもしれませんね。

◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-面接・面談

Copyright© 現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意! , 2017 All Rights Reserved.