転職サービス全般

転職サイトで一番多い検索キーワードは「50代」!?何故50代で転職しなればならないのか

投稿日:

今転職サイトでは、一体どんなキーワードがよく検索されているのか…

特に転職活動中の方や、
転職サイトに求人を乗せる企業の方は、
かなり気になるところかもしれませんね。

私自身も転職エージェントの仕事をしているので、
転職ニーズを掴むために検索の動向はなるべくチェックしていますが、
ここ最近の検索キーワードを見ていると、日本経済の厳しい現実が垣間見えます。

何故なら転職サイトの検索キーワードの一位に、
50代」というワードが来ているからです。

 

何故転職活動をする50代が増えているのか

ちなみに上記の検索ワードについては、
一般の方もリクナビNEXTの特集欄などで見ることができます。

現在1位に「50代」が来ることが多いのですが、
次に多いのはなんと「40代」…!

今の転職サイトで一番ホットなキーワードは50代で、
その次が40代な訳ですね。
(主にこの2つのキーワードで首位争いが行われているようです)

ここで多くの方が気になるのは、
何故50代になって転職活動をする人が多いのか
ということでしょう。

もちろん今の日本経済の状況は知りつつも、
法律上正社員を切れない日本企業において、
50代で転職する理由が思いつかないという声も聞きますね。

しかし実際に50代の方の転職相談に乗っていますと、
実に生々しい話をたくさん聞くのです。

 

50代で転職を決意する理由とは

ではその50代の方の転職理由として、
実際にどのような声が多いかをまずは箇条書きで書いてみます。

・給料を大幅に下げられた(生活できない)
・窓際の部署に移動させられた(暗に「辞めろ」と言われている)
・コピー係などの雑用係にさせられた(同上)
・直接辞めるよう言われたり、社内でイジメに遭うようになった

他にも浮かぶのですが、多いのはこの辺りだと思います。
どれか一つが転職理由になるというよりも、
上記のようなことが複合的に起こることがほとんどですすね。

では何故このようなことが起こるのかといいますと、
日本は海外みたいに正社員をクビにできないからでしょう。

ほぼ全ての企業で年功序列が続いてきた日本では、
50代の方の給料は当然社内でトップクラスに高いです。

なので経営面で苦しくなってきた企業にとっては、
真っ先にカットしたい「コスト」にもなってきます。

しかし法律上解雇することはできないため、
窓際部署に飛ばしたり給料を減らしたりすることで、
暗に「辞めてほしい」と伝えるしかない訳ですね…。

経営の悪化によって長年会社のために尽くしてくれた社員を切るのは、
倫理的道徳的にどうなのかという意見も当然ありますが、
経営上そうせざるを得ない企業もたくさんあるのでしょう。

50代の方がたくさん転職市場に流れてくる現状が、
今の日本経済の厳しさを物語っているのかもしれませんね。

 

50代の方が転職を成功させるには

では50代の方が転職を成功させるには、
一体どのようにしたらいいのでしょうか?

お分かりの方も多いと思いますが、
50代の方は「何ができるのか」をより重要視されます。

たまにやる気をとにかくアピールしてしまう方もいらっしゃいますが、
やる気だけなら当然企業は若くて長期キャリアを積める方を採用します。

やる気など気持ちの面は言わなくても相手に伝わりますので、
先方には自分ができることを伝えていくのが得策です。

また自分の得意なこととして、マネジメント経験のみを推すのも、
実は有効的でないことに注意しましょう。

今の時代のマネージャーは、昔のように
部下のマネジメントのみをする訳ではありません。

マネジメントをしながらも自分の生産性も生み出せる、
プレイングマネージャーが今の主流になっています。

現にマネジメント層を抱える余裕がなくなったことで、
今の50代の方が不当な扱いを受けてしまっているのが現実です。

マネジメントの面は当然伝える必要はあると思いますが、
それ以外にも自分のコスト分以上の生産性を生み出せることを
アピールする必要があるのです。

 

50代の転職は難しいのか

では実際50代の転職は難しいのでしょうか?

正直ベースで言えば難しいというのが現実なのですが、
しかし50代の転職者が増えている今、
同時に「経験豊富で優秀な人を採用したい」という
企業側の採用ニーズも徐々に浮き彫りになってきています。

社会人経験が豊富で、高いスキルや技術を持っている50代の方は、
企業によっては喉から手が出るほど欲しい人材なのですね。

その企業は大手転職サイトにはあまり出てこないので、
転職活動には一工夫必要にはなってきますが、
あまり悲観するような状況でもないようです。

 

50代の転職は、まず専門機関で相談してみましょう

難しいとされる50代の転職ですが、
それは転職活動の上手な方法がわからないまま、

若者ばかりが求められる転職サイトを眺めたり、
ハローワーク通いなどをしてしまうからかもしれません。

個人的には50代の方が転職活動をするのなら、
専門の機関・企業の手を借りるのが最も良い方法だと考えます。

専門の方のアドバイスを聞くことで見えてくることも多いと思いますので、
転職活動のやり方がわからなかったり行き詰まりを感じた時は、
一度近くの専門機関などにご相談してみてくださいね。

PS:

ちなみに東京近郊にお住まいの方であれば、
東京しごとセンターのミドルコーナーがオススメかと思われます。

飯田橋・水道橋から徒歩5分程度の距離にありますので、
一度ご相談されてみるのもいいと思いますよ。

利用は全て無料!東京都内での就職なら【ミドルコーナー】

◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-転職サービス全般

Copyright© 現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意! , 2017 All Rights Reserved.