転職サービス全般

転職希望者の約半数が利用媒体としている転職サイトとは!?

更新日:

green21_hyuhyu20141123121153_tp_v

転職を本気で考えている方も、何となく転職を考えている方も、
みんながどのような媒体を利用して転職活動をするかは気になるところでしょう。

現状で転職者の主な利用媒体として挙げられるのは、やはりあの大手求人サイトです!




 

やはり就職も転職も、あの大手求人媒体が人気!

転職活動をしているということは、恐らく以前に就職活動も経験されていることでしょう。

その就職活動の際に「リクナビ」と「マイナビ」には
多くの方が登録、利用をされていたのではないかと思います。

特に学生の時就活を頑張っていた方にとって、
「リクナビ」「マイナビ」とは懐かしい響きですよね。

そしてこの2つの求人サイトは就職活動の時だけではなく、
実は転職の時にも多くの方が活用しているのです!

 

転職希望者の約半数がリクナビを主な利用媒体としている!?

リクルートキャリアとマイナビが運営しているそれぞれの転職サービス、
リクナビNEXT』と『マイナビエージェント』は多くの転職希望者が利用しています。

特にリクナビNEXTは転職活動をしている人の約半数が利用しているらしく、
求人掲載数もハローワークを除いて1位転職決定率は堂々のNo.1なので、
転職活動をする上でやはりリクナビは欠かせない存在になるでしょう。

リクナビNEXT


そしてリクナビとの2強で知られているマイナビの方ですが、
実は新卒の就職活動ではリクナビと共によく利用されるものの、
転職活動においてはリクナビに比べてあまり利用されない傾向にあります。

これは求人の数が少ないわけでも、質が悪いわけでも全くなくて、
単純に知名度が他の転職サービスより低く登録者が少ないんですね。

ただこれは転職媒体として利用するには有利な環境になるのです。

 

登録者が少ないマイナビも利用した方がいい理由

求人数が多いのに登録者が少ないということは、
単純に考えてライバルが少ない市場だということです。

転職活動をしている方にとっては、これだけでも相当有利になりますね!

それに転職希望者が多いリクナビのような求人媒体は、
社内の転職エージェントが求職者一人一人に使える時間が限られてしまうため、
プロに相談しながら転職活動したい人には実は向いていない媒体となってしまいます。

それに比べてリクナビの転職エージェントは一人一人にじっくり時間を掛けられるので、
転職活動をプロに相談しながら行いたいという方にとっては、
まさにうってつけの利用媒体となっているのです!

マイナビエージェント

 

自分に合った方を主な利用媒体にしよう!

学生時代にリクナビとマイナビ両方登録する人が多いように、
やはり転職活動においても両方登録しておく方が転職の幅が広がるでしょう。

ただしメインでどの媒体を転職活動で利用するかは、
特にこの2社であれば予め決めておいた方がいいかもしれません。

メインとなる媒体選びの基準は、やはり先ほど書かせて頂いた通り・・・

自分である程度方向性が決まっているなど、
相談が(あまり)必要ないという方はリクナビNEXTを、

プロの転職エージェントと共に仕事を決めていきたい、
まず仕事について相談したいという方はマイナビエージェントを利用する方がいいでしょう。

リクナビNEXT

マイナビエージェント

自分に合った転職サービスを活用し、自分にマッチした仕事を見つけてくださいね!

◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-転職サービス全般

Copyright© 現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意! , 2017 All Rights Reserved.