仕事の話

一流の人ほど大事にしている!?ビジネスシーンにおける「作法」

更新日:

pasona_9_tp_v

転職を考えている方の中には、転職によってキャリアアップを図り、将来一流のビジネスマンになりたいと思っている方も多いと思います!

やはり男性は「男に生まれたなら〜」という精神の方も多いでしょうし、女性の方でも一流のキャリアウーマンを目指す方が目立ってきているので、仕事以外の面で幸せを求める人が増えてきている一方、一流を目指す方も着実に増えているように感じます。

ちなみに自分も一流のビジネスマンを目指している最中の一人なので、アドバイス等を書くつもりはないのですが(笑)

ただ最近一流の人に触れて感じたことがありますので、今回はそれをシェアしたいと思います!




 

一流の人ほど「作法」を大事にしている!?

一流のビジネスマンというと、「仕事が出来る人」というのが先行してしまいますし、実際その通りでもあるのですが、何となくもう一つの要素も大きいと考えるようになりました。

それはビジネスマナー、いわゆる「作法」です。

実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺を知っている方は多いでしょう。

人格の高い人ほど腰が低く謙虚という意味の通り、一流の人は謙虚な精神を持ち合わせていますが、同時に一流の作法を進んで勉強されている方がとても多いと感じています。

作法とは恐らく社会人の皆さんが始めに学ぶであろう「ビジネスマナー」と全く同じ性質のものですが、一流の人が学ぶ「作法」は当然ですが更に格式の高いものです。

例えば上座下座にしても、「入り口から遠い方が〜」などは大体みんな知っていますが、例えば基本は右上位で座る場面でも和室だったら左上位で座る方が正しいなど、細かい作法を知っていないと一流の人の中では恥ずかしい思いすらするみたいです。

それに「作法=気遣い」ですし、どれだけ心の中で相手に気を使っていても、それが相手に伝わならければ意味がありません。

その気遣いを最大限相手に伝える手段こそがまさに「作法」なので、一流の方は皆さん作法の勉強に行き着くらしいのです。

 

作法を学び、気遣いの心を最大限相手に伝えよう!

ということで自分も最近作法の本を読んで勉強しているのですが、作法って簡単なようですごく難しいです(笑)

自分が今まで何気なく使っていた言葉や、気遣いでやっていたはずの行動が実は失礼にあたっていたりする訳ですが、直そうと思ってもなかなか直せなかったり・・・作法の奥深さを今すごく感じています。

作法の本は特に社会人3年以上経験されている方が読むとものすごい気づきを得られると思いますので、特に一流を目指す方は必ず読んでおいた方がいいでしょう。

ちなみに自分が読んでいる作法の本は以下の本なので、マナー本としては少し異質な本かもしれませんが、気になった方は一度レビューだけでも目を通してみてください♪

男の作法

本の著者がとても経験豊富な方なので、この本に書いてある男としての作法がしっかり実践できれば、将来どこへいっても通用する一流のビジネスマンになれるはずです!

◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-仕事の話

Copyright© 現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意! , 2017 All Rights Reserved.