現役転職エージェントが教える、誰でも転職に成功出来る極意!

ニートから現役転職エージェントになった男が、就職や転職を成功させる秘訣をお伝えします!

転職エージェントについて

メリットだけじゃない!?転職エージェントを利用することのデメリット5つ

saya072155409_tp_v

転職活動をする際には、やはり色々な転職サービスを活用すると思います。

特に若い方ほど、転職活動の際に転職エージェントを活用した方が良いお仕事に巡り会える確率が高くなりますし、そのことをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

ただし転職エージェントを利用すれば安心というわけでは当然なくて、転職エージェントを活用することのデメリットもやはり存在します・・・!

なので今回はその転職エージェントを利用することのデメリットを、同じ転職エージェントの目線でご紹介していきたいと思います(笑)




 

1.会社の都合に左右される

まず一つ目は、転職会社の都合により紹介される仕事(会社)が変わってくる可能性があるということです。

例えばA社とB社がある中であなたの条件に合う方がA社だったとしても、
B社の方が紹介料が高いといった場合、転職エージェントとしては
A社を話さずにB社の方だけを薦めてくる可能性があります。

つまりはあなた自身に合うかどうかではなく、会社側に入るお金によって仕事が左右されてしまう可能性があるということです。

これは企業や転職エージェントとしての利益を考えたら当然なのかもしれませんが、良い仕事を探そうと転職活動を頑張っている側からすれば怒り心頭ですよね・・・!

 

転職エージェントから条件に合う仕事を紹介してもらうには

なので転職エージェントを利用する際は、ある程度細かい条件をいうのがコツです!

これは引っ越しで不動産を探す時なんかも同じなのですが、少し面倒そうな人ほど良い案件を紹介してもらいやすいです(笑)

あとは転職が決まった後に辞退があったり、就業しても3ヶ月以内とかにやめてしまった場合、会社に入るフィーがなくなったり、あるいは少なくなったりしますので、

自分の条件面を強く細かく提示することで、離職率の低い(つまり好条件な)会社を紹介してもらいやすくなるのです♪

ただしあんまり細かいと面倒がられて仕事を紹介してもらえなくなるので、ほどほどにしましょう(笑)

 

2.エージェント次第で紹介される仕事の質が変わる

エージェントが経験の浅い新人だったり、明らかに性格の悪そうな人だったら(たまにいます)、その人から紹介される仕事は「ハズレ」の可能性もあります。

なぜならそのエージェントが把握している仕事の案件が少なかったり、適当に仕事を紹介されることすらあるからです。

もちろん新人さんでも一生懸命になってくれる人は、上長に相談しながら仕事の案件を探すので問題ないのですが、話していて違和感を感じたらすぐにそのエージェントから離れましょう!

 

個人的に気が合わない人も注意!?

あとは意外と盲点なのですが、転職エージェントとあんまり気が合わないと感じる場合も注意です。

何故ならあなたが気が合わないと思っている場合、現実的に考えて相手の転職エージェントも同じように思っている可能性が高いからです。

どこの転職エージェントも私情で仕事をしないとは思いますが、やはり印象が良かったり思い入れのある人材に対して、力を注いでしまう傾向はどうしてもあります。

やはり転職エージェントも人間ですからね( 笑)

なので気が合わないエージェントに当たってしまった場合も、理由をつけて担当を変えてもらうようお願いするか、思い切って利用する会社を変えてしまった方がいいかもしれません。

 

3.クロージングをかけられる

これは結構有名かもしれませんね(笑)

転職エージェントを利用していて、あまりよく思っていない仕事を無理に薦められて不安と怒りを覚えたという方は、世間的にも割と多いみたいです。

エージェント目線の本音で言えば、転職エージェントも仕事を決めないと成果にならないので、正直な話早く仕事を決めてもらった方が楽なのは間違いありません(笑)

もちろん転職エージェントとしてそんなことを表には出してはいけないですし、本当にあなたにいい仕事を見つけて欲しいと思っていますが、ダメなエージェントほど仕事が決まりかけた頃にプッシュ営業に出る傾向があります。

転職は人生の中でもすごく大きい大切なイベントだと思いますし、その転職活動時によくわからない会社を猛プッシュされたり、決断を急かされたくはないですよね。

なので転職エージェントから押し売りに近い行為があった場合は、会社かエージェントを変えた方がいいと思います。

 

内定が決まった後も他の求人を見たい場合

無事に内定が決まった後も、もう少し他の求人も見たいという方も多いでしょう。

実は転職エージェントは無事にお仕事が決まった方に対し、それ以降あまり仕事の案件を送らないよう注意しています。

何故なら他にもっといい条件の会社を見つけて「やっぱこっちの会社がいい!」などと言われてしまったら、転職エージェント側はもちろん、内定を出して頂いた企業様にもご迷惑をかけてしまいますからね。

なので正直内定後に関しては、求職者側にとって同じ転職エージェントの会社を利用するメリットはほぼありません(笑)

転職先の内定が決まった後に他の仕事も見たいと思っている方は、他の転職会社などを利用するのが無難です。

 

4.転職エージェント経由は自社採用より内定率が下がる

どんな会社に転職すべきかわからない方にとって、転職エージェントを活用するのは非常に有効な手段だと思います。

ただすでに入りたい会社が決まっている方は、そのルートに転職エージェントを活用するのはやめておいた方がいいです。

何故かといいますと、転職エージェント経由で内定が出た場合、人材を紹介して貰った企業は紹介してくれた転職会社側に報酬を払わなければならず、

企業側としては出来れば転職会社からではなく、自社採用で人材を集めたいと思っているからです。

要するに転職エージェント経由だと、どうしても内定率が下がる訳ですね。

なので初めから入りたい会社が決まっていたら、求人サイトや転職エージェント経由を辿るのはやめて、その会社の採用ページなどから直接応募をしてください。

 

5.長期の面倒は見てくれない

先ほども話しましたが、転職エージェントも成果を求められているので、長期間仕事を決めてくれない人に対してあまり時間を使いたくありません。

その人に時間を使うのであれば、次々とやってくる他の転職希望者に力を注いだ方が、会社的にもメリットが大きいからです。

なので転職エージェントの利用は優柔不断でなかなか仕事を決められない人には向かず、そもそも長期で利用するものではないという認識でいましょう。

 

終業後の長期フォローをしてくれる会社は増えている!?

しかし無事仕事が決まった人に対しては、長期フォローをしてくれる会社が増えています。

会社側のメリットとして先ほどお話しした紹介料の部分もある訳ですが、やはり時代がそれを求めているからという背景は強いです。

終業後のフォローでは、どこでも通じるような仕事のスキルや会社内での立ち回りを教えて貰えるので、そういった部分で不安がある方は、長期フォローをしてくれる転職会社を活用するのがオススメですね。

 

転職エージェントのデメリットも理解しておきましょう!

今回は転職エージェントのデメリットを5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか!

転職エージェントとしてのリアルな目線も入れてしまったので、転職活動をされている方の中には「ふざけんな!」「そんなこと考えてたのか!」と思った方がいらっしゃるかもしれません(笑)

しかし転職活動で大事なのは、就職活動と同じでやはり「情報量」になってきます。

転職エージェントを活用するのであれば、やはり転職エージェントを活用することのデメリットもしっかり把握しておくべきなんじゃないかなと思うのです。

もちろん誤解はして欲しくないのですが、転職エージェントを活用することにはメリットもたくさんあります!

そのメリットを最大限活かすために、デメリットもしっかり把握しておきましょうというお話です(笑)

今後は転職エージェントのデメリットもしっかり把握した上で、ご自身の転職活動に転職エージェントを上手く活用してくださいね!




スポンサーリンク



◎転職するなら転職エージェントを活用しよう!

 サービス名  コメント
若者正社員チャレンジ事業  未経験、職歴なしでも正社員を目指せる環境はここにあります。実習を通してスキルと経験を積むことが出来るので、都内に近い方限定になってはしまいますが、特に職歴が空いてしまった方にとっては最高の環境でしょう!
 マイナビエージェント  業界最大手の転職サービス。リクルートが運営するリクナビと比べて少し求人数で劣ってはしまいますが、求人数に対して意外と求職者が少ない=競争率が低いので、リクナビだと受からない会社でもマイナビ経由だと入れたりします(笑)求人数もそんなに変わらないので、リクナビよりもこちらを利用した方が、実は有利に転職活動が進むかもしれません。
 ジェイック 未経験OKの優良求人のみを多く取り扱っていて、かつサポート面がとても手厚い、サービスとして最高峰の転職会社です!特に職歴に自身がなかったり、未経験の職種に入りたい方は、ジェイックのサービスはご利用必須です!

-転職エージェントについて